白髪が目立ち始める40代の男性

白髪が目立ち始める40代の男性

白髪が目立ち始める40代の男性

白髪が目立ち始める40代の男性

 

男性も40代ともなると、白髪が目立ち始めてくる年齢です。その原因には、ストレスが原因となって白髪になる場合と加齢が原因となって白髪になる場合の二つがあります。

 

ストレスが原因の場合には、若年でも起こり得ますが、一時的なもので成長するにつれて消えていく場合もあります。ただ加齢が原因となるのは、老化が原因でもありますので、白髪染め等で染めて行かないと徐々に白髪が目立ち始めるのです。

 

文学の世界でも、ごま塩頭といった表現がなされることがあります。つまり白と黒の色が調度、ごま塩を想起させるイメージがあるからです。

 

男性の40代は、このごま塩頭の人が比較的に多いのです。なおしっかり白髪染め等で対策を行っている人は、全然目立たないので若く感じられる人もいます。

 

勿論、白髪になる場合は個人差が多く見られるので、40代でも黒い髪を保っている人も沢山いるのです。しかしながら、男性の40代は白髪が初めて起こったりするターニングポイントの年代であるのかもしれません。

白髪が気になりだす40代男性

一般的に白髪は、30代後半から目立ち始め、40代半ばになると急に増えていきます。その原因は、髪の根元にあるメラノサイトの消失によるものです。

 

生えている白髪の2割は、このメラノサイトが休んでいることからできるので、また活性化すれば黒髪が生えてくる可能性もあります。
しかし、40代で今の段階ではそれは難しいです。

 

白髪を気にしている男性は、多いと思いますが、対策としては染めたり、ヘアスタイルを変えるくらいしかありません。また、何も対策をしていないと、老けてみえたり、不潔な印象を与えてしまうこともあります。

 

白髪を染めたりするのも、液剤を選ばないと頭皮を痛めてしまうものもあります。また、染めなくても髪型を変えたするだけで、好印象になる場合もあります。


トップへ戻る