老眼は40代男性より前にかかることも

40才から老眼が進行してきて

老眼は40代男性より前にかかることも

40才から老眼が進行してきて

 

この間、私の勤める眼科に40代男性が来ました。その40代男性は、一日中パソコンの仕事をしているせいか、視力が落ちている。と感じていると言いました。

 

40代で老眼はまだ大丈夫と思っている人も多いのですが、それは思い込みかも知れません。老眼になると、めがねやコンタクトをした状態でも手元が見えにくくなります。

 

また、遠視の人は正視の人よりさらにピントが遠くにあるため、近くをみるのに一層、筋力が必要になる為、早い人では30代後半で近くが見えにくくなる人もいます。

 

その男性も診察の結果、老眼でしたが、まだ大丈夫と無理をして老眼を進める危険もあります。見えにくいと感じたら眼科の受診をし、近視の進行具合と老眼の検査をすることが大切です。我慢せずに手元を見るときだけでも近用レンズを入れた老眼鏡を使う手もあります。

 

また、40代に入ると異常がなくても、年に1度はめがね、コンタクトの度数検査をしておくと安心です。早めの対策が大事です。


トップへ戻る