バツイチの40代男性と同棲することに

バツイチの40代男性

バツイチの40代男性と同棲することに

40代男性のバツイチ

 

1年前からバツイチの40代男性と同棲することになり、一緒に暮らしているのですが、同じアパートで一緒に暮らすようになってからは私が一方的に結婚を意識するようになりました。

 

彼との出会いは合コンだったのですが、バツイチでしかも40代男性だと知りながらも彼のことが好きになったので交際するようになりました

 

彼には結婚する気持ちなどなかったのでとりあえずは一緒に暮らすことになったのですが、占ってもらったりすると結婚する気も彼にはないし、結婚してもうまくいかないなどと言われたりしましたが、彼が好きでずっと一緒に暮らしてきました。

 

彼の親には気に入られているので結婚したらやりやすいはずですが、彼よりも私は20才ほど年下なので私の親はもっと若い男性と付き合ったほうがふさわしいのだと反対しているところがあり、結婚するというともう少し年齢の近い男性でもいいのではと年の差結婚にもあまり理解を示してくれないのです。

40代でバツイチ男性の心理について考える

日本人夫婦の離婚率は高く4組のうち1組は離婚しているというのが現状です。一度失敗をしている40代バツイチ男性は、次の結婚に対して慎重になってしまうというのが心理だと思います。

 

でも一生一緒に歩んでいくパートナーですから、バツイチ男性は慎重になるというのは当たり前だと思います。もしも子供がいた場合は自分との相性だけではなく子供との相性も考えなくてはなりません。

 

しかし、一度離婚を経験した40代男性は、「もう結婚は懲り懲り」という心理が働き一生ひとりでいることを選ぶ人も少なくはありません。一人でいることのメリットはやはり自由なところです。

 

好きなように遊び、好きなものを食べ、好きな時間に寝る、これは最大のメリットですね。一方既婚者のメリットですが、やはりパートナーがいることの心強さです。

 

失敗をした時に慰めてくれる人がいる、楽しい時に一緒に笑える相手がいるというのは、平凡なようですがとても幸せなことです。40代でバツイチとなると、次のステップへなかなか進めないというのが心理だと思いますが、どちらの幸せを取るかはあなた次第です。

40代でバツイチ男性の心理今後のステップ

日本の離婚率はとても高く、特に40代で離婚するケースは少なくありません。
女性は結構割り切りが早いのですが、40代バツイチ男性の心理はどうでしょう。

 

やはり次へのステップは慎重になってしまう人が多いと思います。
離婚は結婚をする時よりもパワーを使うとも言いますので、次の結婚はなかなか考えられないというのがバツイチ男性の心理だと思います。

 

しかも40代バツイチ男性ともなると、人生の折り返し地点になるのでもう失敗はしたくないというのが人間の心理です。
でも少し考え方を変えればだいぶ気持ちは楽になるものです。
結婚するもしないも自由なのです。

 

もしも結婚したいなら、いつか最愛のパートナーに出会い、一緒に過ごして行けたらそれは幸せですし、逆に一人で自由気ままに人生を楽しむのも幸せなことです。
年齢は関係ありません。

 

人生は何度でもやり直しができます。
どちらを選んでも幸せになれると思えば気持ちは楽になると思います。
考え方一つで日々の暮らしは楽しくなります。


トップへ戻る