40代男性が選択する住居

40代男性の住居

 

現実には40代未婚男性の最も一般的な住居は賃貸マンションやアパートでしょうか。都市部では特に単身世帯が増加していて、その中でも未婚の男性の割合が多いのだそうです。

 

一人暮らしが気楽で便利でいいことは確かですが、40代男性の住居選択に実家住まいと言うのもアリだと思います。実家暮らしには様々なストレスが付き物ですが、実家が持ち家の場合、少なくとも一時的にでもそこに居住して現状を認識しておく必要があるでしょう。

 

現在住んでいるであろう親も永遠に生き続けるわけではないからです。持ち家には持ち家の面倒くささがあります。庭があれば定期的な庭木の手入れが必要になりますし、どんなに頑丈な家でも設備は老朽化していきます。

 

こういった持ち家の手入れに全く不慣れなまま、そこに住んでいた両親が他界した場合、当然その相続人たちが手入れをし続けるか、売却などのことも考えなければなりません。40代ともなれば、例え家庭を持っていなくとも自分の生活だけを考えて暮らしていくわけにもいかないのです。

一戸建てを40代男性が手に入れることの難しさ

40代男性でもし自前の一戸建てを手に入れたというなら今の時代は相当たいしたものです。もちろん長期にわたるローンは残るでしょうが、それにしても家すら手に入らない人間も多いのだからそれを考えれば十分に自慢できるレベルといえるでしょう。

 

私なども家を持ちたいと考えますが現状では頭金すらままならないしまだまだ借家暮らしは続きそうです。それはともかく一戸建てを手に入れるなら場所をどこにするかは相当悩むものでしょう。

 

子供の学校の事を考えるといい環境を選びたいだろうし、また仕事場との距離も重要な選択基準になります。何より優先するのはやはり子供の環境でしょうが、正直都市部でそれほどの好環境はいくらなんでも40代男性には荷が重いような気がします。

 

せめて共働きで嫁さんもパートとかでなくそれなりの収入があれば何とかなるでしょうが、多くの人はある程度の妥協が不可欠でしょう。もっとも最初に書いたとおりそれでも平均レベルの人間に比べれば胸を張っていいと思います。


トップへ戻る