40代男性の仕事の責任

責任が問われる40代男性

 

40代男性ともなると、仕事なり家庭なりの責任が重くなっていることだろう。仕事なら中間管理職から取り締まり職になれるかなれないかその糸口が見えてくる頃だろうし、家庭なら子供が進学なりの準備に勤しんでいるあたりだろう。

 

出世ならばそれ相応の知識と人脈を蓄えていないといけないだろうし、子供の進学にもお金が必要となってきていて、40代男性の責任は30代のころと比べて断然に重くなってくるのだ。また健康においても、そろそろガタがくることだろう。

 

生活習慣病はもちろんのこと、日々の飲酒、喫煙、塩分の取りすぎなど、若い頃のやんちゃのつけがそろそろ廻ってくるころだろう。若いことと違って無理もできなくなってくるので、強引に物事を進めることもなかなかできなくなっている年頃である。

 

できることなら何事にも慇懃自重して慎重に行動して、少なからず周りの期待にこたえつつもストレスをためないように適度に生活したいものであろう。

40代男性の社会的な責任のプレッシャー

40代ともなると男性は一家の大黒柱として不動の地位を築き、それに見合った社会的な責任を負うことになります。仕事もようやく認められ上の役職に上がれる年代でもあるため40代の男性に付きまとう責任のプレッシャーはとても大きいと言えます。ここではそんな40代男性の方のためにプレッシャーの上手な解消法を紹介したいと思います。

 

プレッシャーは上手に発散させないとストレスから様々な体の不調の原因となります。特に40代以上は更年期障害の原因にもなり、ある日突然ストレスが原因で心筋梗塞や脳梗塞で突然死してしまう可能性もあります。生活習慣から来るものと違い仕事の責任感からくるプレッシャーは逃げ場がなく、簡単には解消することができません。

 

そこでオススメするのが呼吸法です。武術の訓練やスポーツのトレーニングでも呼吸は最も心身を整える方法として重要視され、簡単な呼吸法一つでプレッシャー対策になります。

 

やり方も簡単でラジオ体操でやったような深呼吸を1セット10回ほどをプレッシャーを感じた時にやるだけで効果が表れます。大切な家族と生き甲斐の仕事をいつまでも健康的に続けるためにも、自分の健康維持を行いましょう。

関連情報


トップへ戻る