男性40代、仕事にも張りが出てくる年代

40代男性の仕事観

40代男性の仕事事情

40代男性の仕事観

 

40代ともなると責任のある立場について若い頃とは仕事の見方が全く違って見えると思われます。またローンや養育費と仕事を続けていく上での目的意識も変わってきていると思います。ここではそんな40代男性の仕事事情を説明したいと思います。

 

40代では年齢の所為で仕事がなくなれば後がないと思っている男性が多くなっています。そのため若い頃のように仕事で冒険したり対人関係で問題を起こしたりするようなことができず、色々なしがらみに縛られているとも言えます。

 

また若い人のように転職のチャンスもそれほどないため会社と一蓮托生のような関係なっており、自由に何かをするということが中々できない状況になっていると思われます。

 

管理職についている方も40代の男性には多いですが、上下関係に挟まれる仕事の煩雑さは中々理解が得られず孤独な日々を過ごしている人も少なくありません。

 

特に家族にも理解者が得られない40代以上の方はストレスから体調を崩しがちであるため気を付けましょう。このように社会的地位を築き、経済的に余裕のある40代男性ですが、皮肉にもその立場に縛られ余り自由に動けず鬱憤を溜めている人が多いようです。

男性40代、仕事にも張りが出てくる年代

今の世の中、40代、特に男性はどうでしょうか。サラリーマンならある程度責任のある仕事を任せられる時期です。

 

20代、30代と築いてきたものが一気に花咲くのも40代ではないだろうか。家庭では子供達も大きくなり、金銭的な苦労は出てくるものの、一人で何でもできる時期である。

 

可能であれば趣味も楽しみたいと思う時期であろう。 ここからは私に置き換えて話をしていく。私は今30歳半ばである。仕事も楽しきなってきており、色々な可能性を模索できる年代である。

 

そんな少し青臭い30代を温かく、かつ厳しい目で見ていてくれるのが、40代男性の上司である。私自身、今の上司を尊敬しており、目標とする人物でもある。

 

しかし、今はこの関係で良いのだが、私が40代になった時、後輩から同じように思ってもらえるかは、少々不安が残るところである。しかし、今からの仕事を確実にこなすことで開けてくる道でもあるので、頑張っていきたいと思う。

関連情報


トップへ戻る